薄毛は男性女性を問わずに深刻な悩みです。どうにか解決できないかと手元にあるもので解決を図ろうとしても上手くいかないのが現状です。そんな時役立つのがAGA治療薬です。有効成分にフィナステリドというものがあり、AGAへの効き目がばっちりです!簡単に治すことができるので、このサイトで情報を確認して薄毛を改善しましょう。

頭皮のかゆみやフケにはケトコナゾールが有効

頭皮について心配する男性

頭皮のかゆみやフケなど頭皮トラブルがある場合にはケトコナゾールで治療が必要な場合もあります。
フケが目立つので黒い服を避けることもあるほどフケが悩みになっている人もいます。
原因はいくつか考えられますが、季節によってフケがでる原因は異なることがあります。
冬は頭皮の乾燥や毛穴や血管の縮まり、運動不足などで血行不良、春は紫外線、乾燥、自律神経の乱れ、夏は皮脂量が増えるためべとついたフケが発生しやすくなります。
秋は夏場の紫外線のダメージや乾燥などが考えられます。

頭皮環境によりフケがでることはありますが、頭皮のかゆみが伴い大き目のフケが出始めたら脂漏性皮膚炎の可能性があります。
脂漏性皮膚炎は皮脂が過剰に分泌されてマセラチ菌という真菌が繁殖して起こる皮膚炎で、頭皮に皮脂が多くなってフケは大き目の固まりとなってでます。
酷い場合には頭皮にできて湿疹や激しい頭皮のかゆみがあります。
脂漏性皮膚炎は頭皮だけではなく、顔やわきの下など皮脂分泌の多い部位にできやすい湿疹です。
治療や抗真菌薬のケトコナゾールを使用して治療を行うことが多く、ケトコナゾールは真菌の繁殖を抑えて頭皮のかゆみを抑える効果があり、頭皮であればフケを抑えることができます。
ケトコナゾールは効果の継続性があるので1日2回の塗布で治療ができます。

フケや頭皮のかゆみは頭皮環境のトラブルと考えて放置すると思いますが、脂漏性皮膚炎である場合には、原因は真菌のカビの一種なので水虫と似たような症状になります。
長期間治療でケアしないと治りにくい症状でもあります。
ケトコナゾールを塗布する前には、該当部には毎日ぬるま湯などで洗うことが大切で、強く洗わずに殺菌作用のある石鹸を使って優しく洗って、しっかりと洗い流した後にケトコナゾールを患部に塗布します。
頭皮のかゆみなどが脂漏性皮膚炎の場合には、乾燥が原因というわけではないので、保湿性のあるローションなどを過剰に塗ることは避けます。

市販のシャンプーが肌に合っていない場合も多い

黒い服を着た時に背中などにフケが付いて困ったという経験をお持ちの方もおられるかもしれません。
フケは頭皮環境や季節などが原因となって発生しますが、実は洗髪に使用しているものが合っていないケースもあります。
特に高い洗浄力を持つものを使用していると頭皮や毛髪への刺激が強くなります。
フケが出てくると洗い足りていないと勘違いしてしまう方が少なくないため、さらに洗おうとしてしまいがちです。
そうすると頭皮に必要な皮脂などをさらに落としてしまうこととなり、むしろ悪化させてしまうこともあります。
フケが気になるのであれば低刺激のものを使用するのがおすすめです。
石鹸系やアルコールのものは刺激が強く、アミノ酸系のものは刺激が弱いとされています。
そのため、フケが気になる方はアミノ酸系のものを選択するのがおすすめです。

頭皮のかゆみや頭皮トラブルがあるという方は髪を洗った後のケアに問題があるというケースもあります。
洗った後の髪にはたくさんの水分が付いているので、そこにフケの原因菌が繁殖してしまうかもしれません。
そのため、可能な限りはドライヤーでよく乾かしておくことがポイントになります。
濡れたままの髪で眠ることは細菌にとって増殖の機会を与えることに繋がります。
また、細菌の多くはドライヤーほどの熱には耐えられない場合が多いので、その点でもドライヤーを使用しておくことの重要性が分かります。

フケが目立つ時にケトコナゾールは有効な薬です。
しかし、フケを治療したいのであれば洗髪やケアなどもしっかりと行う必要があります。
ケトコナゾールを使用していてもフケの原因が大きければ効果は少なくなってしまいます。
決して洗い足りていないとは限らないことに注意が必要です。