薄毛は男性女性を問わずに深刻な悩みです。どうにか解決できないかと手元にあるもので解決を図ろうとしても上手くいかないのが現状です。そんな時役立つのがAGA治療薬です。有効成分にフィナステリドというものがあり、AGAへの効き目がばっちりです!簡単に治すことができるので、このサイトで情報を確認して薄毛を改善しましょう。

ミノキシジルも発毛効果あり!脱毛も防ぐ!

落ち着いている男性

薄毛治療に用いられる医薬品としては、フィナステリドを配合した内服薬が有名です。
フィナステリド配合薬以外では、ミノキシジルという成分を配合した医薬品も、発毛の効果に優れています。
ミノキシジルは内服薬や外用薬に配合されている成分です。
血管を拡張させる効果があります。

健康な髪を作るには毛根に髪を作るための必要な栄養素を、しっかり行き届ける必要があります。
毛包など髪を作る組織に栄養素を運ぶのは血液です。
栄養素は血液の流れにのって、頭皮へと運ばれていきます。
もし頭皮の血行が悪い状態だと毛根部分に十分な栄養素が行き届かず、発毛効果が低下してしまうだけでなく、抜け毛も増えてしまうかもしれません。
ミノキシジルで対策を行えば頭皮の血管が広がり、血液の流れもスムーズになります。
結果、健康な髪を作れる十分な栄養素を、毛根へと行き届かせる事が可能です。
発毛を促すだけではなく生えてきた髪が抜けにくい、脱毛予防としてもミノキシジルでの治療は有効です。

内服薬は薄毛治療を行っているクリニックで処方してもらう必要がありますが、外用薬であればリアップという市販の育毛剤にミノキシジルは配合されているので、より手軽にケアが行えるようになっています。
他の治療法と併用すれば、さらに発毛の効果をアップできるでしょう。
ただし医薬品は効果・効能が高い分、副作用が起こる可能性もあります。
ミノキシジル配合の内服薬や外用薬には、どのような副作用が報告されているのでしょうか。
外用薬の場合、頭皮の発疹・発赤・かゆみ・かぶれ・ふけが増えるといった副作用が報告されています。
このような症状が出るのは、外用薬を塗った部分のみです。

内服薬の場合、動悸やめまい・不整脈や多毛といった症状が副作用として挙げられます。
血液の流れによって全身に作用するため、外用薬とは違い幅広い範囲で副作用は出るようです。
このような副作用も報告されているミノキシジルですが、発毛や脱毛予防には効果が期待できます。
薄毛に悩んでいる方は対策として、ミノキシジル配合の内服薬や外用薬を取り入れてみてはいかがでしょう。

ミノキシジルはフィナステリドと併用可能

ドラッグストアなどで販売されているリアップにも含まれている、発毛効果や脱毛予防に効果があるとされているミノキシジルですが、副作用以外に注意しなければいけないのがほかの薬との併用です。
ミノキシジルには血圧を下げる効果があるのですが、一緒に降圧剤を服用すると両方から血圧を下げる効果があらわれて、主な副作用である頭痛やめまいなどの症状がひどくなる場合があります。
降圧剤との併用はしないようにしましょう。

ミノキシジルと同様に、薄毛の人に効果のある成分としてフィナステリドがあります。
フィナステリドとミノキシジルとの併用は可能なのでしょうか。
そしてもし併用が可能であれば両方の成分を吸収することで髪の毛にどのような効果を得ることが出来るのでしょうか。
フィナステリドはミノキシジルのような血行を良くする効果はありませんが、フィナステリドには脱毛の原因となる男性ホルモンの発生を抑制する力があることが分かっています。
どちらかといえばこれ以上抜け毛が増えないようにするために摂取する成分といっても良いでしょう。

併用に関してですが、ミノキシジルとフィナステリドは併用することは可能です。
ただし、併用することによって得ることのできるメリットと被る恐れのあるデメリットがあるので、よく考えてから併用しましょう。
併用することによって得られるメリットは相乗効果です。
ミノキシジルによる血行促進効果と、フィナステリドによる脱毛抑制効果をそのまま得ることが出来ます。
併用することでより発毛しやすい環境にすることが可能です。
デメリットは副作用がダブルで出ることの危険性です。
ミノキシジルによる頭痛やめまいだけではなく、フィナステリドによる男性ホルモンの抑制によって精力減退といった副作用を引き起こすこともあります。