薄毛は男性女性を問わずに深刻な悩みです。どうにか解決できないかと手元にあるもので解決を図ろうとしても上手くいかないのが現状です。そんな時役立つのがAGA治療薬です。有効成分にフィナステリドというものがあり、AGAへの効き目がばっちりです!簡単に治すことができるので、このサイトで情報を確認して薄毛を改善しましょう。

プロペシアジェネリックのフィンペシアとエフペシア

錠剤とカプセル薬

AGAの特効薬と言われているプロペシアにはフィンペシアやエフペシアと呼ぶジェネリック医薬品があります。
プロペシアはAGA専門クリニックなどを利用して処方して貰えますが、フィンペシアやエフペシアについては個人輸入代行業者が運営を行う通販薬局で購入するなどの違いがあります。
フィンペシアやエフペシアはインドで製造が行われているもので、個人輸入代行業者がこれらの医薬品を日本に輸入を行い、それを購入するなどの特徴があります。
注意をしなければならない事は信頼出来る個人輸入代行業者を選ぶ事です。

ちなみに、インドで製造が行われていると聞くと、品質面について安心なのかなど不安に感じる人も多いかと思います。
大手の製薬会社が製造している、衛生管理の下で医薬品製造が行われている、AGA以外にもED治療薬など他の医薬品での実績を持つなどからも安心して服用する事が出来ます。
個人輸入代行業者が適正なルートで輸入を行っているジェネリック医薬品は安心、しかし身体に悪い成分が含まれているものを販売する悪徳業者もゼロではないなど、信頼出来る通販薬局を選ぶ事が重要です。

病院で処方を受ける事が出来る先発品のプロペシアの薬価は1錠あたり230円から290円と言われています。
薬価は病院の薬の公定価格で、厚労省が価格を決める薬価基準と呼ばれる価格表に掲載を行っているのが特徴です。
フィンペシアやエフペシアなどのジェネリック医薬品は通販店で購入するAGA治療薬です。
効果は先発品のプロペシアと同等、値段が安いなどの評判がありますし、通販店の場合には医薬品代だけで済みます。
しかし、病院の場合には医薬品代の他に診療費などが別途掛かる事になる、AGA治療は保険適用外になるなどからも、トータル的な費用は通販店を利用してフィンペシアやエフペシアなどのジェネリック医薬品を購入した方が安いわけです。
但し、通販店を使う時には信頼性が高いお店を選んでおくなどが重要なポイントです。

ジェネリック医薬品が安いのは何故?

プロペシアのジェネリックにはフィンペシアやエフペシアがあります。
フィナステリドの特許期間満了後に、ほかの製薬会社が厚生労働省から同じ有効成分、同じ効果効能にて製造販売、そして承認を得て発売されているフィナステリドが有効成分となるAGA治療薬です。
いずれも薬価が安い上に効果が変わらず信頼性が担保されている医薬品です。
エフペシアとフィンペシアという2つのジェネリック薬品はインドのメーカーが提供しているものです。
2つには価格差がありますが、その理由は製品改良に関連しています。
両製品に含まれる成分などの内容は全く同じで、前者のほうが価格が安いものの、これは現時点のみかもしれません。

そもそもエフペシアは、プロペシアのジェネリック医薬品という位置づけで世界的にも有名となったフィンペシアの日本向けの仕様になっており、同社が2011年ごろから日本への輸出用に製造した製剤です。
外箱のデザインも似ていて、薬剤名のフォント以外はほぼ一緒となっていますが、現在この2つの医薬品は外部コーティング剤を含めて内容が全く同じ医薬品です。
つまり、メーカーでは薬品名が異なる医薬品を現在も2種類販売している状況なのです。
そして現在は2つ存在する必要がなくなったのにもかかわらず、薬品名が違うため、違う製造ラインで並行して製造するという非効率な状況にもなっています。
そのため、同じ薬品であることから統一したいという考えもあり、今後に要注目です。
なお、これらはフィンペシアの特許が切れた事により、製造にかかる研究開発費を大幅に節約する事ができるため安く販売されているのです。