薄毛は男性女性を問わずに深刻な悩みです。どうにか解決できないかと手元にあるもので解決を図ろうとしても上手くいかないのが現状です。そんな時役立つのがAGA治療薬です。有効成分にフィナステリドというものがあり、AGAへの効き目がばっちりです!簡単に治すことができるので、このサイトで情報を確認して薄毛を改善しましょう。

フィナステリドは継続必須?いつ効果を実感できる?

考えている男性

フィナステリドは、ノコギリヤシという天然ハーブをモデルとして開発された抗アンドロゲン薬です。
1mg用量での研究途上でAGAに対しての効果が判明したために、こちらを適用としても1997年にアメリカ食品医薬品局から認可されることになります。
その後は、日本を含め世界60ヵ国以上で承認されており、多くの国々で薄毛の人の悩みを改善しています。

ちなみに、日本では2005年に厚生労働省がフィナステリドを承認する際に1年間の臨床試験を実施しており、さらにそれに引き続き2年間の比ランダム化比較試験を行っています。
これは、1日に1度1mg錠を投与して髪の毛の状態を医師が写真により判定するというものです。
それによると、被験者に軽度以上の改善が見られた割合は、半年経過時点で48%、1年で58%、2年68%、3年78%と服用期間が長期化するほど増加傾向を示しています。
このために、フィナステリドの効果を実感するためには、最低でも約半年、出来れば1年間は継続して服用しなくてはならないということになります。

なお、このようにフィナステリドの効果を実感するまでに時間がかかってしまうのは、髪の毛に対して直接作用するわけではないからです。
元々は前立腺肥大症を改善するために開発されたもので、具体的な作用機序はテストステロンをDHTに変換する?型5-α還元酵素を阻害するという内容です。
これにより、DHTの生産量が減少するので、この物質により狂わされていたヘアサイクルが正常な状態に回復することで薄毛が改善するという結果になります。
ちなみに、ヘアサイクルとは成長期→退行期→休止期の順番で移行する毛周期のことで、通常であれば髪の毛は3年~5年程度成長した後に寿命を迎えて抜け落ち、新しいものへと生え変わります。
これが、AGAの場合は半年~1年程度にまで寿命が短くなっている上に生え変わりに時間がかかるので短い毛ばかりになってしまうのです。

フィナステリドを服用することで元の状態に回復すると、再び成長期が3年~5年続くようになりますが、髪の毛が伸びるペースは1か月に1cm前後です。
このために、実際に体感できる5~6cmになるまでは半年程度はかかることになります。
これが、フィナステリドの効果を実感するまでに時間がかかる理由です。

半年間は地道にコツコツ続けてみる

フィナステリドは即効性のある治療薬ではありません。
効果の有無を判断するには最低でも約半年の期間が必要であり、継続していってこそ回復に成功できる可能性が高まります。
もし服用をしても効果を実感できない場合は医師に相談をしてみることも必要です。

継続していくためのポイントは、できるだけ同じ時間に服用する習慣を持つことです。
例えば、夕食後や寝る前などのタイミングで飲むようにすることで、習慣として続けやすくなります。
また、フィナステリドはできるだけ血中濃度を一定に保つことが大切な薬でもあるため、毎日バラバラの時間に飲むよりも、決まった時間を設けた方が効果を発揮させやすくなるのです。

フィナステリド以外のAGA対策に関して積極的に取り入れていく姿勢も大切です。
AGAに対してフィナステリドは高い有用性を示し、回復に欠かせない存在とされていますが、ただ単独での使用ですと効果が低くなってしまう可能性もあります。
最大限に回復効果を促進させないと余計に時間が掛かるようになるため、半年継続しても改善が見られないこともあるのです。
そうなると継続の意志にも影響する恐れがありますので、総合的な対策を心掛け、他にもできることがないのか考えてみることも必要です。

体質の問題があることも認識した上で活用するのもポイントと言えます。
患者の中には半年もせずに回復に成功できたケースもあるため、それと比較すると効果を実感できない現実に不安を感じることもあるかもしれません。
しかし、誰もが等しく回復を実感できるわけではないのです。
効果の出方や回復速度は体質による影響が非常に大きく、必要な期間は個々でバラバラです。
気長に根気良く続ける姿勢こそがAGA対策の基本でもあるため、もしもなかなか効果が出なかったとしても焦る必要はありません。