薄毛は男性女性を問わずに深刻な悩みです。どうにか解決できないかと手元にあるもので解決を図ろうとしても上手くいかないのが現状です。そんな時役立つのがAGA治療薬です。有効成分にフィナステリドというものがあり、AGAへの効き目がばっちりです!簡単に治すことができるので、このサイトで情報を確認して薄毛を改善しましょう。

悩んでいる男性

男性の脱毛症の内で大部分を占めているAGAという症状は、既に10年以上も前から医療機関での治療が行われるようになっています。
これは、アメリカで開発されたフィナステリドという抗アンドロゲン薬が、2005年の10月に厚生労働省から承認されたことがきっかけで本格的にスタートしたものです。
ちなみに、2010年に公益社団法人の日本皮膚科学会が作成した「男性型脱毛症診療ガイドライン」では、内服療法における第一選択薬として用いるべきと評価されています。

フィナステリドの効果は絶大!

厚生労働省では、フィナステリドを承認する際に1年間の臨床試験を実施しており、さらにそれに引き続き2年間及び3年間の比ランダム化比較試験も行っています。
その結果は、1年間では軽度改善以上が58%・不変以上が98%だったのに対して、2年継続時は軽度改善以上が68%に、3年継続時には78%へと増加傾向を示しています。
つまり、長期的に利用することにより、かなりの確率で改善を期待できるということになります。

なお、このように絶大な効果を期待できるフィナステリドですが、実は髪の毛に対して直接的に作用を及ぼすわけではありません。
元々は、前立腺肥大症を対象として開発されたもので、この症状を引き起こす原因物質のジヒドロテストステロンの生産を抑制することを目的としています。
具体的には、ジヒドロテストステロンの生成に関与している酵素活性を阻害するというのがフィナステリド本来の作用です。
ところが、ジヒドロテストステロンは前立腺肥大症だけではなくAGA(男性型脱毛症)を引き起こす要因となっていたために、この物質の生産を抑制することにより薄毛の進行を防止するという結果に繋がります。
つまり、フィナステリドはAGAの根本的な原因にアプローチするということです。
このために、飲む育毛剤などとも呼ばれていますが、フィナステリドはAGA以外の薄毛に対しては有効ではありません。
また、海外では18歳以上を対象とした臨床試験も行われていますが、国内のものは20歳以上の男性に限定して実施しています。
未成年者に対しての安全性は確認されていないということから処方されるのは成人男性のみとなっています。

フィナステリドの効果を試すならプロペシア

フィナステリドは、前立腺肥大症の治療薬として5mg錠で認可されたのちに、身体への負担を考慮して1?錠での研究が開始されます。
この時にAGAの被験者の髪の毛が成長するということが確認されたために、こちらを適応としてFDAから認可されることになります。
これが、日本を含めて世界60ヵ国以上で承認されているAGA治療薬プロペシアの誕生するまでの経緯です。

ちなみに、AGAはジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合することにより、脱毛因子のTGF-βが誘導されることでヘアサイクルが狂わされてしまいます。
本来であれば2年~5年程度は続く髪の毛の成長が半年~1年程度にまで短くなるという症状です。
このために、髪の毛は太く長く成長することが出来なくなり、短いままで抜けてしまうようになるので軟毛化と呼ばれる状態となります。
つまり、プロペシアの研究途上でAGAの被験者の髪の毛の成長が確認されたということは、病態を根本的に覆すような発見だったということです。
実際にAGA治療薬として処方されるようになって以降は、日本のみならず世界中から薄毛を改善したという多数の報告が寄せられています。

なお、プロペシアの使用法は1日に1錠水かお湯で飲むという簡単な内容で、食前や食後などの厳密な規定はありません。
ただし、効果をより引き出すためには、出来るだけ同じ時間に服用するのが適当です。
また、臨床試験の結果からも明らかなように、服用期間が長くなるほど効果が確認される割合は高くなっています。
このために、2~3ヶ月利用した程度で効果がみられなかったからといってやめてしまうのではなく、最低でも半年~1年程度は使い続けなくてはなりません。

上記の通りプロペシアは長期的に使用する薬ですから、使用するにつれ費用が増加してしまいます。それを節約するおすすめの方法が通販です。
通販での購入は病院処方より格段に安く済み、まとめ買いも可能となっていますのでプロペシアを使用し続けることが決まっている方は通販の利用も検討してみてはいかがでしょう?

プロペシアを通販で買いたいならこちらをクリック!

フィナステリドの副作用には注意

フィナステリドが生成を阻害するジヒドロテストステロンは、前立腺肥大症とAGAという厄介な症状を引き起こすということから悪玉男性ホルモンとも呼ばれています。
身体にとって全く不要な物質というわけではなく、健康的な状態をキープするために重要な役割も担っています。
具体的には、加齢により分泌量が低下してしまうテストステロンの代わりを務めるということと、男性性器の発育をサポートするということです。
このために、フィナステリドを服用してジヒドロテストステロンの生産量が減少すると、これらと関係した副作用が生じるリスクがあります。
特に、深刻なのは後者の男性性器の発育をサポートするという作用が阻害されてしまうことで、影響を顕著に受けてしまうということから妊娠中の女性の服用は禁忌とされています。

これは、胎児が男性だった場合に生殖器の発育が阻害されてしまい、奇形が生じる危険があるからです。
なお、性別は妊娠12週目で分かるとも言われているほど生殖器は早い段階で形成されるので、妊娠している女性だけではなく、妊娠している可能性がある女性も同様に禁止です。
さらに、フィナステリドは経皮から吸収されてしまう可能性があるので、これらの女性は触れることも禁止とされています。
プロペシアの場合は表面部分がコーティングされているので、触れただけで内部の成分を吸収するということはありません。
しかし、踏みつぶしてバラバラになったものを素手で処理するなどの行動をした場合は副作用に見舞われる危険があります。

このために、妊娠又は妊娠している可能性がある女性と生活を共にしているような場合にプロペシアを服用する場合は、厳重な管理が必要です。
ちなみに、精液を通して女性に影響を与えるという心配はないので、服用すること自体は問題はありません。

AGAによる薄毛は進行するため早めの対策を

AGAは、テストステロンの分泌量が急激に増加する思春期以降に徐々に進行し、日本人男性の場合は20歳代の後半から30歳代にかけての時期に著明となるのが一般的な傾向です。
つまり、アラサー頃から薄毛が目立つようになるということです。
その後、年齢を重ねるにつれて状態は明確になり、40歳代以降に生え際が後退して頭頂部までの髪の毛が完全になくなる状態にまで進行します。
なお、AGAは基本的には生理的な現象の一種で、最終段階にまで進行しても寿命が短くなるという心配はありません。
これは、80歳代以上の高齢者の多くが薄毛になっているにも関わらず健康状態を保っていることが何よりの証拠です。
このために、一番良いのは気にしないということなのですが、見た目はかなり変わってしまうので社会的にはかなりの影響を受けることになります。

また、AGAは進行しても健康が損なわれないということは、逆に言うと健康状態を改善しても進行が止まらないということでもあります。
つまり、食生活を見直して栄養バランスを整えたとしてもAGAが改善することはないので、薄毛は進行することになります。
このために、AGAは放置すると進行するということで、何とかしたいのであれば対策するしかありません。
現時点で最も確実なのは、フィナステリドなどによる5α-reductaseの活性を阻害してジヒドロテストステロンの生産を抑制するという方法です。
なお、ジヒドロテストステロンには皮脂の分泌量を過剰にするという作用もあるので、このような状態が長期間に及ぶと頭皮の毛根は機能を喪失します。
このために、なるべく早い段階で対策を講じなくてはなりません。
ちなみに、タイムリミットは発症してから5~10年といわれているので、これ以上放置した場合はフィナステリドを服用しても不変程度の効果しか得られないという結果に終わってしまうことになります。

記事一覧

男の頭皮

抜け毛の原因が脂漏性皮膚炎ならニゾラールシャンプー

ニゾラールシャンプーは、脂漏性皮膚炎を原因とする抜け毛や頭皮のかゆみ等の症状を緩和するシャンプーです ...

頭皮について心配する男性

頭皮のかゆみやフケにはケトコナゾールが有効

頭皮のかゆみやフケなど頭皮トラブルがある場合にはケトコナゾールで治療が必要な場合もあります。フケが目 ...

錠剤とカプセル薬

プロペシアジェネリックのフィンペシアとエフペシア

AGAの特効薬と言われているプロペシアにはフィンペシアやエフペシアと呼ぶジェネリック医薬品があります ...

落ち着いている男性

ミノキシジルも発毛効果あり!脱毛も防ぐ!

薄毛治療に用いられる医薬品としては、フィナステリドを配合した内服薬が有名です。フィナステリド配合薬以 ...

考えている男性

フィナステリドは継続必須?いつ効果を実感できる?

フィナステリドは、ノコギリヤシという天然ハーブをモデルとして開発された抗アンドロゲン薬です。1mg用 ...